不動産を売却し新たな物件への運用

値引き交渉を開始、交渉成立

前々から狙っていた物件が売りに出た | 値引き交渉を開始、交渉成立 | 購入側も売却側もみんなにメリット

マンションを借りている入居者からは8万円受けていたため年負担96万円で10年で960万円負担していただいていました。
この時にマンションを売却して、新たな投資運用として駐車場として活用できる土地を購入しようと考えました。
現在の住人からは5年前に1200万円で売ってほしいと言われており、その時は売る気が無かったので断りましたが、今度はこちらから買う気がないか話してみました。
すると、買う気はあるにせよ1000万円以下で無ければ買えないと言われ、交渉の場を設けました。
相手も不動産取得税と手数料を考えていたので、900万円と指値を言ってきました。
一旦保留して、売却する側と交渉を試みました。
こちらも手数料や不動産取得税と解体費用、整備費用を考えなければいけないため、値引き交渉をしました。
路線価が28万円でしたので、1坪2万円値引きをすると言ってきたのですが、建物の解体費を200万円交渉しました。
相手側からは不動産業者を通さず、さらに現金での支払いであれば、1300万円でも良いと言われたので即決しました。
次にマンション売却の話を進めました。
現金であれば850万円まで価格を下げると言うと、850万円で交渉が成立しました。
私の友人の司法書士にこの2つの物件の代書手続きを任せ、お値打ちにしてもらいました。

不動産ごとの売却相場を知るならこちら | ケンとメリーの不動産売却相談室